診察の事前申込をご希望される方はこちら

結膜下出血の治療

アレルギー性結膜炎の検査と治療

結膜下出血って、どんな病気? >

経過と対応について

結膜下出血の出血は、1~2週間ほどで自然に吸収されることが多く、ほとんどの場合心配はいりません。

異物感に対しては、人工涙液などの点眼で対処する場合もあります。
繰り返し同じような場所に出血する場合は、その部分の結膜がたるんで(結膜弛緩症)、瞼とこすれていることが誘因となっている場合があります。
この場合は、結膜弛緩症の治療を行うことで再発を抑えることができる場合があります。

結膜弛緩症って、どんな病気? >
結膜弛緩症の治療について >

結膜下出血って、どんな病気? >

オンライン予約を取る

具体的な治療メニュー