診察の事前申込をご希望される方はこちら

飛蚊症の治療

飛蚊症の検査と治療

飛蚊症って、どんな病気? >

検査について

飛蚊症の原因として生理的なものも多く症状に変化がなければ問題ないことも多いのですが、中には病的飛蚊症(眼球内での出血や網膜裂孔、網膜剥離が原因でおこる飛蚊症)と呼ばれるものも存在しますので、自分で判断せずに、まず一度眼科での検査をおすすめします。

専門医の眼底検査を受けることにより、放置して良いものか治療を必要とする病的飛蚊症かの判断が可能です。

治療について

網膜裂孔が見つかった場合のレーザー治療は即日対応可能です。

飛蚊症の検査の際に散瞳検査というものをすることがあり、この検査をすると3~4時間ほど物がぼやけて見え光をまぶしく感じますので、飛蚊症の検査で来院の際は車での来院はされないことをおすすめします。

飛蚊症って、どんな病気? >

オンライン予約を取る

具体的な治療メニュー