診察の事前申込をご希望される方はこちら

網膜はく離

網膜はく離って、どんな病気? >

網膜剥離の治療

網膜光凝固術

はがれてしまった網膜の周りに、それ以上はがれないようにレーザー光線を当てて凝固してしまいます。網膜剥離が比較的小さいときに行います。

強膜内凹術

目の外側から当て物をして、網膜をくっつけます。

硝子体手術

目の内側から網膜をくっつけます。硝子体をとってしまい、レーザーや冷凍凝固ではがれた部分の周りを固めます。ガスの浮力を借りる場合もあり、術後うつぶせが必要になります。

手術後

網膜は下の組織にくっつけば、機能が回復されてきます。はがれている時間によって網膜のダメージが決まってしまうので、早めの処置が必要になってきます。黄斑部まではがれてしまうと、予後が悪くなります。

網膜はく離って、どんな病気? >

オンライン予約を取る

具体的な治療メニュー