診察の事前申込をご希望される方はこちら

白内障の手術治療

白内障って、どんな病気? >

現在の白内障治療の主流は手術です。

患者さんが白内障によって見え方にご不自由を感じるようになったら考慮されます。

島崎眼科では、患者様のご希望に応じて、手術施設、執刀医をご提案します。多くの患者様は、島崎眼科の主治医が執刀可能な施設で手術を行い、術後は再び島崎眼科で診察を行います。現在では、全身状態や通院に問題がない場合は、外来手術で行うことが一般的ですが、必要があれば入院のできる施設をご紹介します。

手術前の検査

簡単な全身検査「採血、心電図」と目の検査「角膜内皮細胞数の確認、眼球の前後径の測定、眼底検査」を行います。

これは安全に手術を受けることのできる状態であることを確認するためのものです。

手術の方法

最近ではほとんどの場合、局所麻酔「点眼麻酔もしくは結膜(白目)の下に麻酔液を注入する麻酔」で手術をします。黒目と白目の境目を数ミリ切開し、水晶体前嚢切開をし、超音波を用いて濁った水晶体を砕いて除去します「図、超音波乳化吸引術」。

白内障の程度が非常に強い場合などには他の方法で行うこともあります。その後、水晶体の袋の中に人工の「眼内レンズ」を挿入します。このレンズは、一生眼の中に入ったままで大丈夫と考えられています。

超音波乳化吸引術
超音波乳化吸引術

眼内レンズと手術後の見え方

目の中に入れる人工の眼内レンズには2種類あります。

いわゆる単焦点眼内レンズを使用した場合、白内障の手術後、遠くがよく見えるようになった方は近く用の眼鏡が、近くがよく見えるようになった方は遠く用の眼鏡が必要となります。

手術で乱視を減らすことも可能です。単焦点眼内レンズを使用した場合は、白内障の手術をしても眼鏡がいらなくなるわけではないことをご理解ください。

患者さんのご希望があって目の状態が適している場合は、「多焦点眼内レンズ」を使用することも可能です。多焦点眼内レンズは、手術後に遠くと近くの両方が見えるように設計されています。

効果的に使用すると眼鏡の使用頻度を減らすことが出来ますが、設計が複雑なため、見え方の質が劣ったり光がにじんだり眩しく見えるなどの欠点もあり、使用する前に十分な検査と説明を受けて頂く必要があります。

また、いずれのレンズを用いた場合でも、光の入る量が増えるためまぶしく感じることや、手術前より青っぽく見えるなど色が違って見えることもあります。

白内障手術の合併症について

一般に白内障手術の安全性は高いと考えられていますが、すべての手術の結果が保証されるということではありません。

手術の安全性は手術前の目の状態によって大きく異なり、特に以下の状態に当てはまる方は白内障手術に際して注意が必要となります。

  • 白内障が非常に進行している方
  • 他の目の疾患を合併している方
  • 以前に目の手術を受けられた方
  • 目を強く打撲したことのある方
  • 瞳の開き方「散瞳(さんどう)」が悪い方
  • 偽落屑症候群(ぎらくせつしょうこうぐん)の方
  • 水晶体を支える袋(嚢)、または繊維(チン小帯)が弱い方
  • 前房(ぜんぼう)(角膜と水晶体の間のスペース)が著しく狭い方
  • 角膜内皮細胞の数が少ない方
  • 全身の病気(糖尿病など)を合併している方

白内障って、どんな病気? >

オンライン予約を取る

眼科の疾患についてメニュー