診察の事前申込をご希望される方はこちら

結膜弛緩症の治療・手術

結膜弛緩症って、どんな病気? >

結膜弛緩症の治療について

結膜弛緩症はしばしば疲れ目などと診断され、「年のせい」と片付けられていることもあり、点眼薬だけでは完治は難しいです。ではどうすればいいでしょうか?

点眼薬で改善が見られない場合でも、簡単な処置で治すことができます。当院では、余った結膜を焼灼(しょうしゃく)する治療を行っています。点眼麻酔をして10分くらいの処置で痛みもほとんどありません(→「結膜弛緩症の手術治療」参照)。上記症状にお悩みの方は、診察時にご相談ください。

結膜弛緩症の手術療法

結膜弛緩症は、結膜(しろめ)がその下の強膜の接着が緩んでたるんだ状態です。加齢とともに増え、点眼薬などでは一時的な異物感の軽減しかできません。

治療法としては、たるんだ結膜を切除する方法(切除法)、結膜を強膜に縫い付ける方法(縫着法)もありますが、糸で縫うので手術後に異物感や意図に対する炎症が出るという欠点があります。

当院では、たるんだ結膜に弱い電流を流して収縮させる焼灼法(しょうしゃくほう)を行っています。結膜弛緩症に伴う慢性の不快感、涙っぽい感じ、ドライアイの悪化、繰り返す結膜下出血の改善が期待できます。

手術手順

  • 手術に先立って、腕の部分に電極をつけます。
  • 手術は、仰向けになって開瞼器(かいけんき)と呼ばれる器械をつけて目が閉じられないようにして行います。目を強くつぶると器械にあたってかえって痛いので、力を抜いて両目を開けるようにすると楽にできます。
  • 手術顕微鏡で光を当てて処置を行います。やや上の方を見上げるようにしていただけると処置がスムースにできます。
  • 準備ができたら、鉛筆のような形のプローブの先についた細い針をたるんだ結膜の下に入れて弱い電流を流します(下図)。一回について2秒くらいで、これを繰り返してたるみを取っていきます。

  • 手術は、10分程度で終了します。そのあいだ、顔や体を急に動かすと危険ですのでお気をつけください。
  • 術後は、5〜10分ほど下まぶたの辺りを冷やして軽く圧迫します。その後、軟膏を入れて眼帯をします。
  • 翌日には眼帯が取れ、ご自分で点眼を一日4回つけていただきます。数日間は充血や軽い違和感がありますが、1週間ほどでほとんどの場合軽減します。

結膜弛緩症って、どんな病気? >

オンライン予約を取る

具体的な治療メニュー