< < MENU

網膜はく離

網膜は下の組織にくっつけば、機能が回復されてきます。

網膜とは?

目の底にあり、目の中に入った光を実際に受け取る組織です。よくカメラのフィルムに例えられます。

網膜剥離とは?

網膜が下の組織からはなれてしまい、光の刺激を受け取れなくなってしまった状態です。網膜に何らかの原因で穴が開いてしまい、網膜の下に液体が入って下の組織からはがれていきます。ボクシングなどの外傷によって網膜に穴が開き、網膜剥離が起こってしまうのはよく聞く話ですが、老化現象で目の中の大部分を占めている硝子体というところが液状になり、網膜からはなれるときに網膜を引っぱり穴があくこともあります。また糖尿病でできる炎症の膜が網膜を引っ張る穴のない網膜剥離や、ぶどう膜炎に伴う網膜剥離もあります。

網膜剥離の症状

  • 飛蚊症
    黒い点やゴミのようなものがたくさん見えます。色素上皮という組織が網膜の穴から出て行き、これが見えるので生じてきます。網膜剥離の最初の症状です。
  • 光視症
    光がないのに光を感じます。網膜がはがれるときの刺激を光として感じています。
  • 視野欠損
    網膜がはがれた部分は見えなくなってしまい、相当する部分の視野が欠損します。はがれる部分が広がるにつれ、視野欠損も拡大します。
  • 視力低下
    網膜の真ん中の黄斑部という大事なところまではがれてしまうと急激な視力低下がおきます。

網膜剥離の治療

  • 網膜光凝固術
    はがれてしまった網膜の周りに、それ以上はがれないようにレーザー光線を当てて凝固してしまいます。網膜剥離が比較的小さいときに行います。
  • 強膜内凹術
    目の外側から当て物をして、網膜をくっつけます。
  • 硝子体手術
    目の内側から網膜をくっつけます。硝子体をとってしまい、レーザーや冷凍凝固ではがれた部分の周りを固めます。ガスの浮力を借りる場合もあり、術後うつぶせが必要になります。

手術後

網膜は下の組織にくっつけば、機能が回復されてきます。はがれている時間によって網膜のダメージが決まってしまうので、早めの処置が必要になってきます。黄斑部まではがれてしまうと、予後が悪くなります。

よくある眼科疾患のご説明メニュー