診察の事前申込をご希望される方はこちら

近視

近視って、どんな治療をするの? >

主に子供の近視について

目はカメラに例えると、レンズに相当するところが黒目(角膜)と水晶体、フィルムに相当するところが網膜です。物を見る時に、網膜の上にピントを結ぶと、物がハッキリと見えます。近視は、目の緊張がない状態の時に、ピントが合う位置が網膜の前にずれています。これが「近くは見えるけれど遠くは眼鏡をかけないと見えない」状態です。近視の原因としては、目の長さ(眼軸)が長いことが挙げられます。特に子どもは体の成長に伴い眼球も成長するため、眼軸が伸びます。これに伴って近視も進みます。

原因

近視の発症には遺伝的要因、環境要因があると考えられています。両親が近視の場合、子どもが近視になる確率は高いと言われています。また、近年、問題になっているのが、低年齢の子どもたちに近視が増えてきていることです。これには環境要因が関与している可能性があります。スマートホンやゲーム機などの普及、タブレット端末による学習も一般的となりました。加えて外遊びをする時間が減り、日光にあたる機会が減少しています。目に見える紫外線(バイオレットライト)を浴びる時間が減少したことも影響があるという報告が出ています。いずれにしても、現代の子どもたちは大きな環境要因の変化にさらされていると言えるでしょう。

近視って、どんな治療をするの? >

オンライン予約を取る

眼科の疾患についてメニュー