< < MENU

IT眼症について

「VDT症候群」とか「テクノストレス眼症」ともいわれ、コンピュータのディスプレイなどを長時間注視する人におこる目の症状を言います。

具体的には、「目が痛い、違和感がある。目が乾く」「目がかすむ」「めまいやはきけがする」「イライラ、憂鬱感」などの症状が出ます。 中でも「目の疲れ」は肩こりと並んでコンピュータ従事者の中で頻度の多い症状です。 その原因としては、同じ距離をずっと眺めることによる調節能力(ピントを合わせる力)の異常、瞬きが減ることによる乾燥(ドライアイ)、 ストレス、などが関係していると考えられています。

適切でない眼鏡やコンタクトレンズをつけていたり、もともとドライアイがある人では症状が強く出ますので、 これらを治療することで症状の緩和ができることもよく経験されます。

よくある眼科疾患のご説明メニュー