< < MENU

飛蚊症

飛蚊症とは、明るい所や白い壁、青空などを見つめたとき、目の前に虫や糸くずなどの『浮遊物』が飛んでいるように見える症状のことです。 視線を動かしてもなお一緒に移動してくるように感じられ、まばたきをしても目をこすっても消えませんが、暗い所では気にならなくなります。

眼の構造

眼の奥の硝子体という部分に何らかの原因で“濁り”が生じると、明るいところを見たときにその濁りの影が網膜に映り、眼の動きとともに揺れ動き、あたかも虫や糸くずなどの『浮遊物』が飛んでいるように見え、飛蚊症として自覚されます。 この“濁り”には、生理的な原因によるものと病的な原因によるものがあります

【生理的飛蚊症】

後部硝子体剥離:年齢とともに硝子体が網膜から剥がれることにより飛蚊症を自覚します。この変化自体は異常ではないのですが、まれに網膜裂孔や網膜剥離を引き起こすこともあります。

【生理的飛蚊症】

下のような病気が原因で硝子体に濁りが生じた際に飛蚊症を自覚します。

  • 網膜裂孔:網膜に穴が開いているため、その下の色素が硝子体中に拡散し飛蚊症を自覚します。この段階なら外来でのレーザー治療が可能です。
  • 網膜剥離:網膜裂孔がさらにすすんで網膜が浮き上がっている状態です。この段階になると手術が必要となります。
  • 硝子体出血:糖尿病や高血圧に関連する病気や外傷によって硝子体に血液が飛散したものを飛蚊症として自覚します。
  • ぶどう膜炎:眼の内で起きた炎症により血管から白血球や滲出物が硝子対中に飛散して飛蚊症を自覚します。

ポイント!

飛蚊症の原因として生理的なものも多く症状に変化がなければ問題ないことも多いのですが、自分で判断せずに、まず一度眼科での検査をおすすめします。 飛蚊症の検査の際に散瞳検査というものをすることがあり、この検査をすると3~4時間ほど物がぼやけて見え光をまぶしく感じますので、飛蚊症の検査で来院の際は車での来院はされないことをおすすめします。

よくある眼科疾患のご説明メニュー