< < MENU

緑内障について

主として眼圧(目のかたさ)が上がることで視神経が圧迫され、視野障害をきたす病気です。 急激に発症して強い痛みを伴う急性緑内障(緑内障発作)もありますが、大半は全く自覚症状がないままに進行するため、 発見が遅れると障害が残ってしまうのが緑内障の恐ろしいところです。

遺伝の関与がある場合もありますが、未だに原因は不明で、健診などで発見される場合が大半を占めます。 最近の調査では、40歳以上の成人の5%以上が緑内障に罹患しており、しかも多くの方が発見されずに未治療でいることが判明しています。

緑内障で失われた視野は元に戻すことができませんが、眼圧を下げることでそれ以上の進行を防ぐことができます。 最近では数多くの新しい点眼薬が開発され、治療の選択の余地が広がりました。 点眼で進行が抑えられない場合は、内服、レーザー治療、手術などが行なわれます。

よくある眼科疾患のご説明メニュー