診察の事前申込をご希望される方はこちら

ドライアイ

ドライアイって、どんな治療をするの? >

ドライアイとIT眼症

ドライアイ

ドライアイは涙の安定性が悪くなることで目の不快感が生じる病気です。スマートホンやタブレットなど電子機器に囲まれた生活は、目にとっては非常に過酷な環境といえます。わが国では、2,000万人ほどの方がドライアイに罹患していると言われています。

原因はよくわかっていませんが、環境全体の乾燥化、コンピュータの普及、大気汚染や環境ホルモンなど、さまざまな説があり、諸外国のデータを見ても、いわゆる先進国の方がドライアイの頻度が高く、何らかの環境要因は明らかにあると推測されます。

ドライアイは、涙の分泌が減ってその結果眼の表面が乾いて傷ができる病気と捉えられがちですが、最近の考え方では、ドライアイはもっと広い概念で捉えられています。ドライアイ研究会によれば、ドライアイとは「様々な要因による涙液および角結膜上皮の慢性疾患であり、眼不快感や視機能異常を伴う」と定義されます。すなわちドライアイとは、単なる「乾き目」ではなく、涙の産生、分布、質の以上によっても引き起こされると考えられます。

ドライアイになると、慢性的な目の不快感に悩まされるだけでなく、なんとなく見づらい、目が疲れるといった症状が出ます。また、不眠や労働生産性の低下、うつとの関連も指摘されています。

以下の症状のうち5項目以上当てはまる場合はドライアイの可能性があります。
(ドライアイチェックシートより)
  • 目が疲れやすい
  • 目が痛い
  • 目やにが出る
  • 目がゴロゴロする
  • 涙が出る
  • 物がかすんで見える
  • 目がかゆい
  • 目が重たい
  • 目が赤くなりやすい
  • 目に不快感がある
  • 乾いた感じがする
  • 光をまぶしく感じやすい

症状は非常に多彩で、目の疲れを訴える方の半数にドライアイが隠れているという報告もあります。 さらに症状を悪化させる要因としてコンピューター作業やコンタクトレンズ装用があります。また、シェーグレン症候群など自己免疫疾患や膠原病、睡眠薬や抗不安薬・抗アレルギー薬といった内服薬の影響も考えられます。

シェーグレン症候群

典型的な涙液分泌が低下する疾患として注目されているシェーグレン症候群では、涙腺、唾液腺などの外分泌腺に対する自己免疫疾患で、中年過ぎの女性が大半を占めます。組織学的に外分泌腺にリンパ球などの炎症細胞の浸潤を認め、リウマチとの合併も高率にみられます。また、分泌腺以外に関節炎、肺炎、膵炎などの異常を合併する例もみられます。

このシェーグレン症候群では、悲しいときや痛いときでも涙が出ず、角結膜上皮は乾燥と炎症によってびまん性の障害が見られます。普段眼の表面を潤すのは、「涙液の基礎分泌」であるのに対し、悲しいときや痛いときに出る涙は、「反射性分泌」といわれ、眼表面の障害を修復するのに役立っていると考えられます。

シェーグレン症候群では、涙腺が破壊されているためにこの反射性分泌が低下しており、強い角結膜上皮障害をきたします。患者さんは、目が開けにくい、ごろごろする、まぶしい、などの慢性の眼不快感を自覚し、本を読む、運転をするなどの日常生活が制限される例も少なくありません。また、口が乾いてものを飲み込みづらいなどの症状を合併する方も多くおられます。

ドライアイの検査

涙液の分泌量を測る代表的な検査法は、シルマー試験です。この検査は、ろ紙を下眼瞼にはさみ、5分間でどのくらいの長さまで濡れるかで判定します。10ミリ以上が正常で、異常値は5ミリ以下となっています。

量と並んで、涙液の質も重要です。涙液は、タンパク質など多くの成分を含む水の層が大部分を占めていますが、この水の層をはさむように、角膜側にはムチン層、最表層には油層が存在しています。

涙液の安定性には、含まれる成分、ムチン、油のすべてが関与しています。例えば油層は、マイボーム腺とよばれる、瞼の縁にある腺から分泌されますが、加齢や炎症によって分泌されなかったり、成分が変化したりすると、涙液の油層が変化し、涙液の安定性が低下して、ドライアイをきたします。このような異常は「マイボーム腺機能不全」といわれ、特に高齢の方で、「眼が渋い」「くしゃくしゃする」など訴える患者さんには、高率に認められます。

涙液の質の低下は、ムチン層の異常によっても引き起こされます。ムチンは粘性を持つ糖蛋白で、眼表面の結膜上皮や角膜上皮から分泌され、涙が眼表面に均一に分布するのを助けていることが分かってきました。ムチンの分泌調節機構については、まだ充分に研究が進んでいませんが、その異常が涙液層の不安定化をきたしていることは間違いないと推測されています。

涙液の質の異常を簡単に知ることができる検査が、「涙液層破壊時間」の測定です。瞬きを10秒程度我慢してもらって観察すると、ある時から涙が角膜上を覆っていない部分が出現し、次第に拡大していきます。この現象を涙液層の破綻といい、これが観察されるまでの時間を「涙液層破壊時間」といい、英語でtear film break-up time(BUT)で表します。BUTは、5秒以下が異常です。涙液層が破綻しますと、目を開けているのがつらくなります。眼を10秒以上開けたままにしておくのがつらい方は、ドライアイの疑いがあると考えられます。

オフィスワーカーとドライアイ(IT眼症)

IT眼症とは、パソコンやスマートホンなどの電子機器を長時間使用することで、目の疲れや充血、ドライアイなどを起こす病気です。昨今のリモートワークの普及により、一日中パソコンに向かう人が急増しています。

また、スマートホンやゲーム機の使用、学校でのタブレット端末による学習が一般的となり、多くの人が画面を見つめる状況となり、目にとっては過酷な状況が生まれています。端末を見つめている時は集中しているため、瞬きが通常の半分以下に減ってしまうこともあります。瞬きの減少により、涙の分泌そのものが低下し、目の表面の涙の蒸発が進み、ドライアイが起こります。

正常では、リラックスしているときには、1分間に平均20回程度瞬きをします。しかし、読書や運転、コンピュータ作業中には、これが1分間に5-10回と激減します。頑張ってものを見ようとすることで、瞬きの回数が減ってしまうわけです。空調のきいた乾燥した室内もドライアイを悪化させる要因の一つです。近頃のオフィスは、エアコンの普及によって常に快適な温度に保たれるようになっていますが、一方で湿度は低くなる傾向にあります。

特に、エアコンの風が当たる場所に位置していると、その乾燥は一段とひどくなります。オフィスでドライアイ症状が悪化する場合には、エアコンの向きに気をつけ、乾燥がひどい場合には加湿器の設置なども検討してもらうといいでしょう。

もう一つの注意点は、視線の角度です。眼表面からの涙液の蒸発量は、角結膜の露出面積に左右されますが、この表面積は、視線の向きによって大きく変わります。実験によれば、コンピュータのディスプレイを正面より上に置いたときと、下に置いたときでは、眼の露出面積は2倍以上違いました。そのため、ドライアイを悪化させないためには、コンピュータの画面は正面よりやや下に置いた方が好ましい、と考えられます。

ドライアイと「見え方」

ドライアイ患者さんの多くが眼不快感を訴えることは広く知られていましたが、視機能の異常を伴う、というのは最近になって提唱された考えです。以前よりドライアイの患者さんはしばしば、「何となく見づらい」とか「読書や運転時にはっきり見えない」ということを訴えてきました。

しかし、通常の視力検査を行いますと、こういった患者さんの多くでは、正常の結果が得られていました。しかしながら、近年新しい検査法が開発された結果、ドライアイ患者さんの多くは視機能の異常を有していることが明らかとなりました。これは、ドライアイでは指標をじっと見続けると、涙液層が不安定になり見える像がぶれるのが原因と考えられます。

ドライアイって、どんな治療をするの? >

オンライン予約を取る

眼科の疾患についてメニュー