< < MENU

白内障

目の中のレンズ(水晶体)が濁ってくるためにかすんで見えたり、視力が落ちる病気です。 60歳過ぎの大半の方が程度の差はあれ白内障があり、その他糖尿病、アトピー性皮膚炎、外傷などによって起こる場合もあります。

いったん濁った水晶体を薬で治す事はできないので、手術が治療の主体となります。
現在では、超音波でにごった水晶体を砕いて吸引し、その後に人工水晶体を移植する手術が主流となりました。 毎年60万件以上行なわれている眼科でもっともポピュラーな手術です。全身的な異常がなければ、 通院で手術を行なう「日帰り手術」が行なわれるようになっています。

よくある眼科疾患のご説明メニュー