診察の事前申込をご希望される方はこちら

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎って、どんな治療をするの? >

非感染性結膜炎であるアレルギー性結膜炎には、季節性のものと通年性のものがあります。

季節性アレルギー性結膜炎は、スギ花粉症などに代表されますが、その時期になると、強い目の痒みや瞼の腫れ、鼻炎の症状が始まります。 通年性アレルギーの場合は、コンタクトレンズやハウスダスト、ダニなどが原因になることがあります。

異物感や不快感などを訴える方もいらっしゃいますが、ご自身が結膜炎になっていることに気づかれない場合もあります。

花粉症

花粉症についての詳細はこちらから >

スギ(2〜4月)、ヒノキ(3〜5月)、カモガヤ(4〜9月)、ブタクサ(8〜10月)などの花粉に対するアレルギーを花粉症といいます。外出時に悪化するのが特徴的で、季節性アレルギーとも言われます。

目のかゆみや充血に対しては、抗アレルギー点眼・内服の治療を行います。症状が特に強い場合は短期的にステロイド点眼を使用する場合もあります。かゆくなる前に眼科に行って、点眼の治療を始めるとよい治療効果が得られます。

点眼薬は耳鼻科など他の科で処方される場合もありますが、中にはステロイド点眼薬を長く使っている方もおられます。ステロイド点眼の長期使用は、眼圧が上がり緑内障になる危険性があります。ステロイド点眼により眼圧が上がっても自覚症状が出ることは稀ですので、眼科での定期検査が欠かせません。

アレルギー性結膜炎って、どんな治療をするの? >

オンライン予約を取る

眼科の疾患についてメニュー