< < MENU

アレルギー性結膜炎

外からの刺激(アレルゲン)によって結膜(しろめ)が炎症を起こし、強いかゆみを伴った充血、目やに、涙などが起こります。 春先に起こるスギ花粉症が有名ですが、秋のイネ科の植物に対する花粉症も増えています。

また、ダニやほこりに対して1年中アレルギーを起こす「通年型アレルギー」も増えてきています。 さらに、学童期に多い「春季カタル」やアトピー性皮膚炎とともにおこる「アトピー性角結膜炎」では、 強い炎症のために角膜潰瘍を生じて視力が低下したり、場合によっては白内障や網膜剥離などの合併症を起こすこともあるので、 アレルギーといっても侮ることはできません。

結膜のアレルギーに対しては点眼薬の治療が主体となり、最近ではかゆみに効く薬も多く発売されるようになりました。

よくある眼科疾患のご説明メニュー